共立総合整骨院

武蔵境院スタッフブログ、健康法や症状事例などをご紹介!

脳の容積って増えるの?

   

こんにちは、今回のブログは小笠原が担当です。

2017年、本来ならばご挨拶を申し上げるところですが、私の身内に不幸があったので、その辺のところは言葉を控えさせていただきます。

 

さて、年頭に当たりまして情報発信をしていきたいと思います。

今回のテーマは・・・・・?「脳の容積を増やしたいと思いませんか?」です。

 

「え~?脳の容積って増えるの??」

 

11105b75

 

このテーマを考えたのは、私が毎日インターネットニュースを除き見ているんですが、その時「おっと?」「何なに~?!」とピント来たのがこの「脳の容積が増える?」・・・・中々興味深いとおもいませんか?

 

では、この記事よると、どういうことがあったかと申しますと・・・いゃ~前置きが長いね~!

 

実験内容はある医療大学の研究では、55歳~86歳の年齢を対象にトレーニングと認知症への試みとしてデータをとる実験を行った結果、100人を対象に6ヶ月間、始めにMRIを撮った容積と6ヶ月後のデータを比較したら、なんと容積増量の結果が得られたと報告がありました。

 

ただし、トレーニングとしての効果が得られたとしては、過負荷の重量を選んで、週2回の実施で脳の容積増量が得られたと考えられるとの事。

 

私の医療の仕事以前はフィットネスクラブでウエイトトレーニングのインストラクターを11年していました。

この時にも思ったのは、筋力トレーニングって集中力を大分要求されます。特にウエイトを挙げるときは集中なくしてはなしえないんですね。

単純ですが、脳細胞をフル動員しないと大筋肉を動かすような、ベンチプレス、スクワット、ラットプルダウン・・・などなど、ま~ァ大変ですね。

 

と言うことは、相当筋トレ中は脳からの筋肉に発信をしなければ目的の筋力アップが出来ないわけです。

このことだけでも、相当脳細胞を使っていることになりますね。

 

脳細胞の機能はなるほど記憶を司りますが、それ以外の生命としての営みに関わり、このことだけでも筋トレは十分に脳刺激と生命維持全般に効能がありそうではありませんか?!!

 

2017年、いかがでしょうか?皆さん、脳の容積を増やす活動をテーマに「筋トレ年間」にしていきませんか?

 

私もちょっと足腰の筋量を増やしてみようと思います。「よーし、毎日スクワットやってやるぜ~!」を合言葉に、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 - 未分類