共立総合整骨院

武蔵境院スタッフブログ、健康法や症状事例などをご紹介!

インターセクション症候群

   

こんにちは!本日ブログを担当致します阿部です。

今回は「インターセクション症候群」という症例について説明していきたいと思います。

みなさんは「インターセクション症候群」というものをご存知ですか・

インターセクション症候群というのは、簡単に言うと手関節周囲の腱鞘炎です。

腱鞘炎でよく見られるもので「ドケルバン病」があります。

では、どのような違いがあるのかと言うと

ドケルバン病では痛みが出る場所がちょうど親指の下の手首のあたりに痛みや腫れが出ます。

その辺りには親指を動かす短母指伸筋腱と長母指外転筋が存在し、親指を動かす動作が多くなると、そこで摩擦がおき炎症を起こしてしまうのです。

指をよく使う仕事の方や、妊娠時、産後や更年期の女性に多くみられます。

治療法は、親指の動きを制限する装具療法と、腱鞘を切開する手術療法があります。

では、インターセクション症候群はというと

まず、痛みや腫れが出る場所が手首よりも少し上の位置になります。

そこの部分には、親指の動きに関する腱のグループと手首を返す動きに関する腱のグループとちょうど交叉する部分になります。

ですので、手作業やスポーツ動作で指や手首を返す動作を繰り返すことにより、交叉部で生じた腱鞘炎が「インターセクション症候群」です。

症状としては、手首を返す時の痛みと、親指でキーボードなどを打つときの痛みなどがあります。

治療方法としては親指と手首の動きを制限するように装具を装着します。

ドケルバン病とよく間違えられる疾患でもあります。
当院では装具療法のほかに、患部の循環を促進する治療法を行っており、

治療期間は格段に短くなります。

もし、このような症状でお悩みの方当院にお越しいただければと思います。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - 健康