共立総合整骨院

武蔵境院スタッフブログ、健康法や症状事例などをご紹介!

秋に気を付けておきたいこと

      2016/09/22

どうも。今日のブログ担当の小坂です。e0157647_6464448
暑い夏も終わり9月に入りましたね。

9月に入ったということで、秋に注意しておきたいことを書きたいと思います。

まず9月頃になるとだんだんと気温、湿度が下がっていきます。下がっていくことによって、ウィルスなどが活発に活動しはじめます。 それと季節の変わり目でもあるので、身体の準備ができていないと免疫力が弱り病気にかかりやすい体質になりやすい時期でもあります。

そのため、秋は呼吸器疾患、食中毒、胃腸炎、季節性のうつ病などが挙げられます。

特に秋は肺が弱くなる時期です。それは秋が乾燥しやすく、肺は乾燥する時期に弱いからです。なので、もともと喘息を持っている方などか気をつけましょう。IP08_C02

季節性のうつ病とは、身体がまだ夏の状態でまだ活発に動きたいと思っているのに、頭が一足早く冬のモードになってしまうからです。このことで、思うように身体が動かせずに、だるい、気分が乗らないなどのことが起こってきます。過眠や過食などということもおこります。それとだんだんと日が短かくなっていくので、それも原因と言われています。なるべく外に出て、陽の光を浴びるようにしましょう!image003-300x287

秋はとても過ごしやすい季節でもありますが、ウィルスなどが活発になる時期なので、手洗いうがいなどきちんとして予防していき、このような病気などにかからないように気をつけましょう。

 - 健康