共立総合整骨院

武蔵境院スタッフブログ、健康法や症状事例などをご紹介!

第一回 ストレッチって何? 効果は?

      2016/09/24

こんにちは!

本日は佐々木が担当させていただきます。
水不足がささやかれている中、今年は水遊びが出来ないのかしら~?と心配のこの頃ですっ。

さて、今回は「ストレッチとは何?効果は?」という事について投稿します。

①ストレッチとは何?

ストレッチとは、縮んだ筋肉を伸ばす運動の事を指します。

筋肉は縮む事で力を発揮します。
筋肉は縮む事は出来ても、自分で伸びる事は出来ません。

良い筋肉は良く伸びて良く縮む筋肉の事をいいます。

仕事で長時間も同じ姿勢を続けていたり、スマートホンをいじっていたら背中も肩もガチガチに・・・・なったりしていませんか?
縮みっぱなしになりがちなあなたの筋肉はへとへと!

縮んで硬くなった体は動かしづらく、怪我の元になります。

そこで、「良く働いて縮んだ筋肉をほぐす為」「疲れにくい、痛くなりにくいカラダ」「動かしたくなるカラダ」にもストレッチは有効なのです。

②ストレッチの効果は?

まず疲労回復効果です。筋肉が硬いと血やリンパの流れが悪くなり、そこに疲労物質がとどまります。
それが疲れを感じさせる原因なので、筋肉を柔らかくして押し流す効果が得られます。

また筋肉が硬い状態が続くと、体がだんだん動かしにくくなってくることから、消費エネルギー量が減り、太りやすくなりますが「動かせるカラダ」になることによって、運動意欲が増してきます。筋肉が柔らかい=間接可動域が広がることは、転びにくくなりケガをしにくくなります。

筋肉が硬い=伸びにくいという情報は頭や体が記憶しており、これ以上伸ばすと危険というシグナルを受けて、伸ばさない(伸張反射)と脳が命令するからです。それを意図的にストレッチで伸ばすことによって「ここまで伸ばしても問題ない」という風に、反射の限度を広げていくことができます。その状態をつくるのにはストレッチをし続けないと得られませんが、続ければ必ず伸びていきますし、その状態は記憶されますので、いつまでも「疲れない、痛くないカラダ」「動かしたくなるカラダ」を維持することができます。

ダイエット効果も期待できます。
ストレッチをしたらすぐに痩せるわけではありませんが・・・・
動かしやすいカラダ・血の流れの良いカラダは新陳代謝が良く、太りにくくて痩せやすくなります。
ストレッチにより姿勢が改善され、使われてなかった筋肉が呼び起されると、カロリーを消費していってくれます。

運動する時間がなかったり、運動がニガテな方でも、手軽に出来る健康的なダイエット法なのです。

血流が悪くて冷え性の方も、ストレッチで血流を改善することにより、症状が良くなる事も期待できます。

以上の様に、ストレッチは「疲労回復・予防」「怪我の予防」「ダイエット効果」「冷え性の症状改善」
等、多くのメリットがあります。

ストレッチをちょっとやってみたくなりましたでしょっ?

次回、佐々木が担当になった際には
「ストレッチをいつやったらいいのか?」
「ストレッチのやり方・やってはいけない時はあるの?」
についてアップしていきたいと思います。

 - ストレッチ, 健康