共立総合整骨院

武蔵境院スタッフブログ、健康法や症状事例などをご紹介!

糖質制限ダイエットについて

      2016/07/14

バナー2こんにちは。
雨と湿気が嫌いな山本です!

関東地方も梅雨入りしたみたいで、テンション低めです((笑)
早く夏が来て欲しいと願うばかりです(~_~)

ということで本日は今話題の
「糖質制限ダイエット」について書いていきたいと思います。

僕も大好きなご飯やパン、麺類など炭水化物や砂糖が多く含まれる食べ物の量を減らすことで、そこに含まれる糖質の摂取を控える「糖質制限ダイエット」がブームですよね!

5月下旬に週刊誌で「飲食店での“ライス残し”に従業員から怒りと困惑の声が上がっている」というニュースがありました。

ライス残しが社会問題になるほど今注目されていますね!!

その反面、糖質制限について正しい理解がされていない部分もあります。

『世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術』の著者(監修は医学博士の白澤卓二氏)であり、アメリカで最先端の健康科学を研究しているアイザック・ジョーンズ博士は
「糖質制限は減量だけではなく、脳機能やメンタル、集中力の向上などにも効果があり、それも糖質を減らすだけではだめで、代わりに脂質をしっかり摂る必要がある」と指摘しています。

「砂糖(糖質)を控えること。そして、“良いアブラ”(脂質)を積極的に摂ること」

もともと1万年前の人々は、1年間でわずか小さじ22杯分の糖質しか摂っていなかったそうです。

それがなんと、今では1年間で約63キロ、小さじ約21万杯にも上るそうです。

すごい数字ですね!!(笑)どれだけ糖まみれなのかが良く分かります。

糖質が私たちに与えるマイナスの影響は

・慢性的な炎症

・血糖値の急激な上下に伴う脳機能の低下

・満腹ホルモンの分泌量減少による肥満など

そのため最近では、炭水化物や砂糖などの糖質をまったく摂らない、あるいは極端に減らす食生活を送る「糖質制限」が、健康法として広まってきているのです。

ただ糖質を減らすだけであれば、一般的な「糖質制限」と大きく変わりませんが、もう1つ非常に重要なポイントは「良いアブラ”(脂質)を積極的に摂る」ことです。

現在、糖質をエネルギーに変える
「シュガーバーニング」が主体

過去、脂質中心の
「ファットバーニング」主体

「シュガーバーニング」の方と「ファットバーニング」の方を比較すると、

心臓病や脳血管障害、がんの発生率が飛び抜けて低いという特徴が報告されているそうです。
こうした事実をもとに、近年「ファットバーニング」がアメリカの医学界では理想のエネルギーシステムといわれてきています。

「ファットバーニング」の3つのメリット!!

・脳の機能がハイレベルで安定し、集中力が高まる

・エネルギーが安定して供給されるため、体の機能が安定する

・インスリンと血糖値が常に安定した水準でキープされる

「アイザックジョーンズ博士が健康指導を行い
炭水化物中心からアブラ中心の食生活に変えて」

・1カ月で8キロのダイエットに成功

・肥満からくる心臓病の予兆やうつ症状が改善

・仕事でのパフォーマンス向上によって年収アップ  につながった

等かなり変化が見られたみたいです。

今の糖質中心の生活を脂質中心に変えるだけで、体がかなり変化するということですね!
ただ単に糖質を減らすのではなく良い油を取り入れることが大切ということです。

今ブームの糖質制限ダイエット。やってみたい!けど料金が気になる!あと一歩勇気が踏み出せない!
そんな貴方!!

当院でも糖質制限ダイエット Body Design Program を株式会社Wakka様と提携し、治療院で肉体改造をテーマに大大大募集中です!
すでに患者様でも数名の方が実施されており、結果を残しております!!

興味ある方は下記からお願いします(^^)

ご予約、お問合せ

電話番号
0364070202

HP
http://kyoritsu-yoyogiuehara.com/

instagram
https://www.instagram.com/kyouritsuyoyogi/

facebook
https://www.facebook.com/kyouritsu.yoyogiuehara/

twitter
https://twitter.com/kyouritsuyoyogi

 - ダイエット, 健康, 美容